《茅》のある暮らしの豊かさの追求。

茅葺きは、一切ゴミの出ない建築技術です。ゴミどころか、屋根から下ろした古い茅は、畑の良質な肥やしにもなります。

また、屋根材の中でも、夏の涼しさ(遮熱性)、雨音の聞こえない静かさ(遮音性)と、快適さ(通気性)に、これほど優れた素材は他にありません。

地球環境のこと、健康的な暮らしを考えた時に、この古い伝統技術の中には、今最先端技術を屈しても敵わない知恵と要素をたくさん秘めています。

今、茅葺き屋根の維持には、お金がかかります。

しかし、ちょっと昔の日本では、多くの庶民は茅葺きの家に住んでいました。そして、長い日本の歴史の中で、茅葺きが途絶えたことはありませんでした。​

茅のある暮らしには、人々が協力し合うことが不可欠です。そこに、掛け替えのない大切な文化と豊かさがあるのではないでしょうか?

(茅)縄文屋根は、そんな《茅》の持つあらゆる可能性を追求しています。その中で、それぞれの屋根のベストな葺き替えや修理の方法。また現代に合わせた茅葺き屋根での暮らし方を、ご提案いたします。

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

  • Facebook Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now